中年になってからできるアダルトニキビの原因

MENU

中年になってからできるアダルトニキビお原因とは?

大人ニキビの原因と対策

ニキビは思春期のシンボルと言われているように、10代から20代前半にかけてできる人が多いことが特徴です。
ですが30代40代をすぎ、中年になってからもアダルトニキビに悩んでいる人は少なくありません。

 

若い時にニキビができる原因は、過剰な皮脂の分泌によるものやホルモンバランスの乱れによって起こりやすく、額や鼻、頬など皮脂が多く分泌する場所にできます。
しかし、中年になってからできる物に関しては原因が全く異なります。

 

メイクが原因のニキビ

女性の場合はメイクのクレンジングが不十分だったりして毛穴に汚れが溜まることでできます。

 

大人になって起こりやすいニキビの原因

他にも規則な食生活や睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスやホルモンの影響、スキンケアや化粧品が肌に合わなくなったといったことなど様々な原因が考えられます。

 

肌のターンオーバーが低下しやすい

また若い頃と比べて新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーがうまくいかなくなることで古い角質が残りやすく、油分などが毛穴に溜まると炎症を起こす場合があります。

 

一度できてしまうと治りにくいという特徴もありますので、なるべく作らないような生活を心がけることも大切です。
睡眠をしっかりとることでターンオーバーを促し、暴飲暴食を避けバランスのいい食生活を送ることでできにくい体質へと変わっていきます。

 

中年の男性はニキビが出来やすい?

大人ニキビの原因と対策

中年の男性がニキビの出来やすい理由には、加齢により運動不足になったり、ホルモンの分泌が悪くなってしまうことが原因です。
運動不足によりカロリーの消費が上手く行われなくなったり、ホルモンの分泌不良により肌の新陳代謝が悪くなることが原因で引き起こされてしまうのです。

 

運動不足とニキビの関係

運動不足になってしまうと、体力が低下してしまうことになります。
心臓や肺などを鍛えていない場合には、肌に効率良く栄養素を送り込むことが出来なくなってしまうのです。
そのため運動不足とは、単に体力の低下だけではなく、肌に対して栄養を送り込む能力が低下してしまう、という意味があります。

 

中年に増える中性脂肪

また運動により、血中の中性脂肪の量を減らすことが出来ます。
血液中の脂質の量が多いと、毛穴に流れ込んでしまい、毛穴が詰まってしまう原因になるのです。
その結果毛穴に雑菌が入り込みやすい状態を作り上げてしまうのです。

 

ホルモン分泌の低下

ホルモンの分泌量の低下も影響します。
特に女性ホルモンの分泌量が少ないために、綺麗な肌を作り上げることが難しくなってしまうのです。

 

男性は特に女性ホルモンの分泌量が少ないために、これに加齢が加わると、さらに分泌量が少なくなってしまいます。
その結果肌が弱ってしまい、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

また、大人ニキビに悩む男性にも女性にも効果のあるスキンケアセットでニキビの悪化を抑え、改善することもおすすめです。

 

大人ニキビの改善に最適なスキンケアセット・ルナメアACの詳細はこちら

 

 

中年,原因,治し方,対策