中年になってからできるアダルトニキビの原因

MENU

中年になってからできるアダルトニキビお原因とは?

大人ニキビの原因と対策

ニキビは思春期のシンボルと言われているように、10代から20代前半にかけてできる人が多いことが特徴です。
ですが30代40代をすぎ、中年になってからもアダルトニキビに悩んでいる人は少なくありません。

 

若い時にニキビができる原因は、過剰な皮脂の分泌によるものやホルモンバランスの乱れによって起こりやすく、額や鼻、頬など皮脂が多く分泌する場所にできます。
しかし、中年になってからできる物に関しては原因が全く異なります。

 

メイクが原因のニキビ

女性の場合はメイクのクレンジングが不十分だったりして毛穴に汚れが溜まることでできます。

 

大人になって起こりやすいニキビの原因

他にも規則な食生活や睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスやホルモンの影響、スキンケアや化粧品が肌に合わなくなったといったことなど様々な原因が考えられます。

 

肌のターンオーバーが低下しやすい

また若い頃と比べて新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーがうまくいかなくなることで古い角質が残りやすく、油分などが毛穴に溜まると炎症を起こす場合があります。

 

一度できてしまうと治りにくいという特徴もありますので、なるべく作らないような生活を心がけることも大切です。
睡眠をしっかりとることでターンオーバーを促し、暴飲暴食を避けバランスのいい食生活を送ることでできにくい体質へと変わっていきます。

 

 

中年,原因,治し方,対策