大人ニキビが出来てしまう女性の傾向

MENU

大人の女性にニキビができる原因

大人ニキビの原因と対策

ニキビは10代の若い世代の悩みだと思われていますが、最近では大人になってからも悩んでいる人は少なくありません。

 

若い頃にできるニキビは額や鼻、頬を中心に皮脂の分泌量が多い部分にできやすく、きちんとケアをすれば治りやすいという特徴もあります。

 

しかし大人になってからできるニキビは、あごや口の周りなど皮脂の分泌量が少ない場所にできやすく、不規則な食生活や睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスなど様々な要因が考えられます。

 

男性よりも女性の方が大人ニキビに悩んでいる人が多いのです。

 

加齢による肌のバランスの変化

女性の場合、加齢によって皮脂の分泌量の低下が少ないことが原因のひとつで、ほかにもメイクを長時間落とさなかったり、不十分なメイク落としによって毛穴に汚れが溜まり炎症を起こしてしまいます。

 

スキンケア商品や化粧品が合わないことでできる場合もあります。

 

女性特有のニキビの原因

また生理などでホルモンバランスの分泌が乱れることも大きく影響しています。
新陳代謝が衰え肌のターンオーバーが低下しているので、一度できるとなかなか治りづらいということも特徴です。

 

ターンオーバーが乱れると古い角質が溜まり厚くなり、毛穴をふさいでしまいます。
ターンオーバーを促すためにもストレスのない生活を送り、充分な睡眠をとりましょう。

 

また、洗顔や基礎化粧品をニキビケア専用の化粧品にすることで肌荒れの予防と改善に大きく貢献してくれます。

 

大人ニキビの改善に最適なスキンケアセット・ルナメアACの詳細はこちら

 


大人ニキビ,原因,女性,対策