背中ニキビの原因と対策法

MENU

背中ニキビができる原因と対策法

ニキビは顔にできる肌トラブルというイメージがありますが、意外と体にできるケースも、少なくありません。

 

特に体でニキビができやすい場所と言えば、「背中」です。

 

背中ニキビができる原因とは?

毛穴を塞ぎやすくケアが行きとどかない

背中は角質が溜まりやすく、毛穴を塞ぎやすいと言われています。
毛穴が塞がると皮脂や汚れなどが原因で、ニキビができやすくなるのです。

 

シャンプーなどの洗い残りの成分の影響

また、ロングヘアの方はシャンプーのすすぎ残しや、ヘアケア剤が背中に付着し毛穴を塞いでしまう事でも、背中ニキビができやすいと言われています。

 

背中ニキビを予防するには?

背中ニキビを予防するには、まず背中の汚れや皮脂、古い角質をしっかり落とす事が大切です。

 

シャンプーやトリートメントは丁寧に洗い流してから、背中を洗うなど入浴の順番に気を付ける事もお勧めです。
ロングヘアの場合は、アップスタイルにして髪が背中につかないよう、注意するだけでも大きな予防に繋がります。

 

背中ニキビ対策はスキンケア化粧水でのケアがおすすめ

背中を洗った後は、化粧水でしっかり保湿する事も予防と解消に役立ちます。

 

スプレー式の化粧水であれば、一人でも簡単に背中を保湿が可能です。

 

背中ニキビは跡になりやすいので、日頃からケアして、キレイな背中をキープしましょう。